脳神経外科

  • 診療時間/医師
  • 病気の種類
  • 手術実績
  • 手術予定
  • センター

受付時間/診察時間/担当医

  • 受付時間午前8時 - 正午
  • 診察時間午前9時 - 正午

第1診察室

富永

北野

久貝

長谷川

山里

第2診察室

富永(良)

久貝

長尾

木本

松田

第3診察室

 

 

 

 

第4診察室

下里

山田

岩橋

森田

第1,3土曜日のみ
<ボトックス外来>
古部

第7診察室

         

第2土曜のみ

午前10時-
田中

診療内容変更のお知らせ

急遽変更する場合がございますのでご了承ください

特 徴

  • 当院の最大の特徴は、一言で言うなら、手術件数の多いことと、その成績の優秀さであると自負しております。
    そこで、まず手術について取り上げます。
    手術症例数が多いということは、
    ①執刀医の腕が熟練している
    ②最新の医療機器がそろっている
    ③後遺症が少ないので、早く退院できる。費用も少ない。
    この10年間、当院脳神経外科の年間手術数は全国のトップクラス(第1位)にランクされており、このたび、次のように手術の実力が高く評価されました。 特に脳動脈瘤については、
    ①関西圏第1位:日本全国病院実力度ランキング/宝島社、平成14年1月発行
    ②全国 第1位:いい病院全国ランキング/週刊朝日 平成15年2月発行
    ③症例数・手術成績 全国トップクラス。 全国・名医・病院ガイド/主婦と生活社 平成15年10月発行
    ④富永理事長が脳卒中(脳動脈瘤を含む)の最高の名医に選ばれました。週刊現代 平成16年1月発行
    脳治療センターを附設しています。
    そこには全ての難治、あるいは緊急の脳神経疾患に対応するため、最新の各種診断装置を揃えて、脳神経外科医12人が、24時間待機しています。
  • 国内、国外を問わず、他の病院で「治療や手術が難しい」といわれている患者さんも多く来られています。
  • ロシアの少女:タリナちゃん(母は神経内科医)の後頭蓋窩にあってむずかしい脳腫瘍の手術。全く後遺症を出さず完治。
    退院時のパーティー。
  • 3年後のタリナちゃんの写真。「元気に通学しています、学校の成績も優秀です」のお便り。
  • 脳神経外科手術の年間数が966件(平成15年)、これは関西はもちろん、全国でも第1位です。この中で脳動脈瘤(くも膜下出血を含む)が198件、脳腫瘍が89件です。
  • 脳神経外科全般の全快率は極めて高く、多くの患者さ
    んが後遺症なしで全治し、社会復帰されております。
  • 脳血管内治療にもいち早く取り組み、専門の医師団に
    よる血管内手術を行っています。脳血管内手術の年間数は105件(平成15年)、こちらもトップクラスです。
  • 脊椎・脊髄外科部門を早くから独立させ、世界的権威者(米国・ニューヨーク州立大学シラキュース校、イワン教授、フランス・J.J.ブロンサート博士、ドイツ・キリアン教授ら)と連携しながら最新の手技で治療をしております。
    従来なら何ヶ月もかかり、不満足な手術結果が多かったのが、約半分の時間で、しかも極めて、満足できる成果をあげています。年間手術件数は216件(平成15年)で、これも関西のトップクラスです。
  • 治療実績が優秀・抜群。
    ①外科医の実力は経験で決まるといわれる。その経験豊富な脳外科医が中心になって、
    治療にあたっています。
    脳腫瘍も専門チームが治療にあたり、優秀な成績を挙げています。
    症例数、特に治療成績もトップクラスです。
    とくに、理事長の富永紳介は、手術総数10.000件以上(この中、脳動脈瘤は3,000件、脳腫瘍は1,000件をゆうに越え)、脳外科の全ての領域に文字通り経験豊富です。
    現在活動中(いわゆる現役)の脳外科医としては、最も経験豊富な最高の脳外科医の1人、と評価されています。
    副院長の長谷川洋(大阪大学脳神経外科 臨床教授)と共に陣頭にたって執刀されます。
  •  

②以下は『全国名医・病院徹底ガイド/主婦と生活社』
(2003年10月出版)の当院紹介記事からの抜粋です。
『脳外科、整形外科、循環器科に専門特化。
脳外科手術はすべてライブ公開。
これは手術実績と技術への絶対的な自信の証。
手術の治療成績と症例数は全国トップクラス。
ランキングで全国1位
(脳動脈瘤部門、週刊朝日)。
血管内治療にも定評がある。国内外から患者さんが多数来院される。』
③早くから専門特化している。

  • 徹底した公開。
    具体的には、次のことを実行しております。
    1)徹底的な手術前・手術後の検討(カンファレンス)
    毎 木曜日に
    富永 紳介 ( 理事長 ・ 漢陽大学医学部客員教授)
    長谷川 洋 ( 副院長 ・ 大阪大学脳神経外科 臨床教授 )
    と 当院の脳神経外科医が全員、ときには当病院以外の先生方が所属に関係なく歓迎されて出席し、ベストの治療法を求めて討論されます。
    そこでは、手術前の患者さんには①検査の結果から、手術するかどうか、できれば手術なしで治療できないか
    ②どうしても手術しかない場合は、患者さんの身体的負担が少ない方法がないか。(手術は最後の方法)
    手術後の患者さんには①手術前の計画通りであったか
    ②専門医の立場から、手術後の治療方針を徹底的に討論します。手術映像のライブ公開と同様、このカンファレンス(検討会)も公開しています。

2)患者さん本位の治療

  • ①治療の方針を決めるにあたって、患者さん・ご家族とじっくり相談し、
  • ②常に患者さんの身体的・精神的・経済的負担の軽減を考えて、ベストを選択します。
  • ③病状や治療方針、またはそれ以外でも、不安なことがあればご相談ください。
  • よくあるご質問はこちら

3)手術の公開

  • ①脳外科手術をライブ公開しています。
  • ②1週間の手術予定日時と症例報告(case report)をこのホームページにて公開しています。
  • 詳細はこちら

4)学会活動

  • 精力的に行っております。
  • 詳細はこちら

5) 国内外脳神経外科医との交流

国内外から参加していただき、最新治療の紹介や、当院の手術症例についての意見の交換をしております。
昨年だけでも、海外からキリアン教授(ドイツ)、ブロンサード教授(フランス)、アッペルバウム教授(アメリカ)、ウェルチ教授(アメリカ)など

  • ブロンサード教授
  • アッペルバウム教授
  • ウェルチ教授
  • キリアン教授
  • 当院では積極的に受け入れています。
    救命が困難、あるいは後遺症の可能性が高いと他病院で診断された重症患者さんを、当院では積極的に受け入れています。
救急車で来院 10.7(%)
他院からの紹介 68.0(%)
うち 脳外科病院から 50.9(%)
一般外来 16.6(%)
その他(当院の通院患者など) 4.7 (%)
  • 私たちは患者さん優先の開かれた病院として、常に患者さんの立場で考え、安全で質の高い医療を提供し、地域社会に貢献することを使命としています。
    「当院を選んでよかった」と心からご満足いただけるよう、懸命に努力しています。

主な対象疾患

脳動脈瘤・くも膜下出血・脳腫瘍・頭部外傷手術

聴神経腫瘍 富永紳介ホームページ

脳ドック インターネット予約

有料老人ホーム エルカーサ富永

通所リハビリ

リハビリテーション課募集要項

診療科紹介

  • 脳神経外科
  • 神経内科
  • 循環器科
  • 整形外科
  • 内科
  • 形成外科
  • 心臓血管外科
  • 放射線科
  • 麻酔科
  • 医師紹介
  • 部門紹介
  • 脳ドック
  • ガンマナイフセンター
  • 富永クリニック
  • 手術ライブ公開
  • 病院情報の公表

問診票ダウンロード

事前にご記入の上、
お持ち頂くと受付がスムーズです。

  • 問診票
  • 頭痛用問診票
全てPDFファイルです。
PDFファイルをご覧になるには、
Adobe Reader(無料)が必要です。

医療法人寿会
富永病院

〒556‐0017
大阪市浪速区湊町1-4-48
TEL:06-6568-1601

交通アクセス