社会医療法人 寿会 富永病院

社会医療法人 寿会
富永病院

社会医療法人 寿会 富永病院

社会医療法人 寿会
富永病院

診療科・部門 
臨床工学科

臨床工学科
Clinical Engineering

臨床工学科について
手術室関連業務
循環器業務
集中治療業務

臨床工学科(臨床工学技士)とは

現代の医療現場では多種多様の医療機器が使用され、検査や治療の領域において重要な役割を果たしています。これらの医療機器の性能や機能を恒常的に維持し、安全に運用するためには、高度な操作技術と保守管理技術が要求されます。

臨床工学技士はメディカルスタッフの一職種であり、現在の医療に不可欠な医療機器のスペシャリストです。

病院内で、医師・看護師や各種の医療技術者とチームを組んで医師の指示の下に人工心肺装置、人工呼吸器、人工透析装置などの生命維持装置の操作や管理を担当しています。今後益々増大する医療機器が看護師などの医療スタッフが患者さんに常に安心して使用できるように保守・点検を行い、有効性維持の担い手としてチーム医療に貢献しています。

基本理念

ベストコンディションの機器を、その状況にふさわしい機能を用いて患者さんにとって最高の結果をもたらす技術とともに提供します

基本方針

専門的に簡潔かつ効率よく問題を解決し、より安全な医療を常に提供します。

業務体制

当院では現在8名の臨床工学技士が在籍しており臨床支援業務及び医療機器保守管理業務を24時間体制(休日・夜間は呼び出し対応)で業務を行っております。

当院の概要

脳神経外科の手術においては、術中神経モニタリングと呼ばれる術中合併症を予防するモニタリングや腫瘍等の位置情報を描出するナビゲーションシステムを使用しております。年間約1000例を超える手術の経験と技術を生かし、高度なモニタリングとナビゲーション画像の構築技術を得たスタッフを手術に配置することにより、患者さんに安全と安心できる手術を提供しております。

循環器関連業務においては虚血性心疾患、不整脈疾患を中心に関わっております。緊急時の対応を含め瞬時に判断できる能力、専門性の高い知識や技術が必要となります。個人の適正と能力に応じた教育を徹底することにより患者さんにあった治療に対応しております。

医療機器保守管理業務では院内における医療機器全般の管理を行い、患者さんに安全・安心な治療が行えるよう点検・修理・保守を実施した医療機器を提供しております。また、院内医療従事者に対し医療機器による医療事故が発生しないよう、医療機器の適正使用、安全使用の講習を行っております。

電話でのお問い合わせ

代表 06-6568-1601

専用フォームでのお問合せ

お問い合せ
矢印TOP