社会医療法人 寿会 富永病院

社会医療法人 寿会
富永病院

富永病院

診療科・部門 
救急部 
救急外来の特徴

救急外来の特徴
Characteristics of Emergency outpatient

救急受診のご案内(患者様・ご家族様 向け)
救急へのご紹介・ご相談(医療従事者 向け)
救急外来の特徴

私たちの病院は地域貢献を考え、どんな時でも必要とされる医療を提供します。
そして入院や専門治療が必要な場合は、専門医が迅速に対応出来るよう体制を整えています。

紹介やご相談はこちらへ
(地域医療連携室)

夜間、日曜日・祝日は、
 06-6568-1601(代表)まで

専門性を活かした救急医療体制の確立

 24時間、急性期治療の対応が可能です。

  • くも膜下出血等の脳外科疾患に対する 緊急開頭手術、血管内治療・検査
  • 急性期脳梗塞に対する T-PA製剤の使用や血栓回収療法
  • 急性心筋梗塞に対する 経皮的冠動脈形成術 等

地域貢献を考えた断らない二次救急医療

当院は「断らない救急医療」を目標に、24時間365日救急患者さんの受け入れを行っている二次救急医療機関です。二次救急医療機関とは、重症度として主に中等症の患者さんの受け入れを行い、対応可能な範囲における専門的な治療を行う施設を指します。

当院の2020年の救急車受け入れ件数は5,045件であり、一日あたり13.8件の救急車を受け入れています。
大阪府の二次救急医療機関として、高い水準で受け入れを行っており、地域貢献を実践しています。

救急車の年間受入れ件数

6,365件
6,003件
5,045件
2018年 2019年 2020年
推移 6,365件 6,003件 5,045件

救急外来の総患者数

8,651人
8,291人
6,748人
2018年 2019年 2020年
推移 8,651人 8,291人 6,748人

多職種連携を軸に構成された、最適なER(救急救命室)環境

当院では、多職種が在籍する救急部を設立しています。多職種が職種ごとの専門性を発揮し、提供する医療一つ一つに対して連携することで、より専門性の高い医療を実現させています。

医療チーム メンバー 一覧

医師
看護師
救急救命士
医療事務
看護助手

医療の向上にむけた活動・取り組み

他職種合同カンファレンス

他職種合同カンファレンス

救急部では、脳神経外科や循環器内科領域において、事例の共有や治療・活動の検討を中心としたカンファレンスを行っています。多職種合同でカンファレンスを行うことで、充実した意見交換を行うことができ、患者様によりよい医療を提供出来るように日々努力をしています。

脳神経外科  2回/週

循環器内科  1回/週

救急隊との意見交換会の開催

他職種合同カンファレンス

毎年、大阪市の消防・救急隊の方々と救急について意見交換会を開催しています。
実際に起きた症例をテーマに、救急医療の向上を目指し情報共有や意見交換を行いました。
みなさん、とても熱い志をもった方ばかりです。

他職種合同カンファレンス

学会口演発表

2019年10月4日~5日幕張メッセで行われた、第21回日本救急看護学会学術集会に参加し、口演発表をさせて頂きました。
【演題名】
救急外来における医療サービスの患者・家族満足度評価、および医療サービス向上への介入効果の検証
  救急部 安部 孝賢
      高橋 優

学会口演発表

救急部内で行っている救急外来の医療サービスの質の向上にむけた取り組みを研究とさせていただき、その成果を発表しました。これらの研究に裏付けされた、よりよい救急看護の提供を目指していきたいと考えています。

他職種合同カンファレンス

電話でのお問い合わせ

代表 06-6568-1601

専用フォームでのお問合せ

お問い合せ
矢印TOP