社会医療法人 寿会 富永病院

社会医療法人 寿会
富永病院

社会医療法人 寿会 富永病院

社会医療法人 寿会
富永病院

【重要なお知らせ】院内感染予防のため、不織布マスク着用の上ご来院をお願いします。

診療科・部門 
臨床工学科 

集中治療業務

集中治療業務
Intensive care unit

臨床工学科について
手術室関連業務
循環器業務
集中治療業務

集中治療室において、手術後の患者さんや緊急搬送されて来られた重篤な患者さんに対し、人工呼吸器や補助循環装置が装着されることや急性血液浄化を実施することがあります。その際には、臨床工学技士が携わり医師や看護師等と連携し生命維持管理装置の操作・管理を行っています。

補助循環装置

救急領域・急性期領域ではIABP(大動脈内バルーンパンピング)やV-V ECMO(静脈-静脈体外式膜型人工肺)、V-A ECMO(静脈-動脈体外式膜型人工肺)を用いた治療を行っております。ECMOは非常に緊急性が高く、極めて致命的な病状にある患者さんに対して使用する装置のため補助循環装置が稼働した場合には24時間体制で常駐し対応を行っています。

IABP

IABP(大動脈内バルーンパンピング)

ECMO

ECMO

人工呼吸器

人工呼吸器とは、自分の力での呼吸が困難な患者さんの代わりに呼吸を補助するものです。当院では使用中の人工呼吸器を毎日ラウンドし安全に使用できているか、動作に異常がないか、設定が患者さんに合っているか等を確認し、医師や看護師等と連携して治療を行っています。

人工呼吸器

急性血液浄化

急性血液浄化療法とは、重症患者の急性期治療の中で施行されるすべての血液浄化を言います。主に急性腎不全や、敗血症性ショック、急性肝不全、薬物中毒、自己免疫疾患の急性増悪、代謝異常症などの疾患や病態が対象となり、当院では持続的血液濾過透析(CHDF)、血漿交換、血漿吸着、エンドトキシン吸着等を行っています。

急性血液浄化

医療機器保守管理業務

院内には多種多様な医療機器があり、これらを保守・管理することによって日々安全に医療機器が使用できるよう管理しています。インフュージョンポンプ(輸液ポンプ・シリンジポンプ)、人工呼吸器、ベッドサイドモニタ等を中央管理化しており返却された際にも点検を行っており、万が一不具合を発見してもメーカーのメンテナンス講習を受講しているため院内でのトラブル対応や保守点検・修理が行えます。

医療機器保守管理
麻酔器点検

ペースメーカ植込み患者さんのMRI撮影対応

近年のペースメーカに関しては、条件を満たせばMRI撮像が可能となっております。当院では、各社MRI対応ペースメーカのMRI撮影を行っており、他院で植込みをされた患者さんでも撮影に対応しています。夜間休日に関しても呼び出し当番のスタッフが対応し撮影を行っています。

電話でのお問い合わせ

代表 06-6568-1601

専用フォームでのお問合せ

お問い合せ
矢印TOP