社会医療法人 寿会 富永病院

社会医療法人 寿会
富永病院

社会医療法人 寿会 富永病院

社会医療法人 寿会
富永病院

疾患辞典

変形性股関節症

変形性股関節症

概要
原因
検査・診断
治療

概要

脚の付け根にある、骨盤とふとももをつなぐ関節を股関節と言います。骨の表面にある軟骨には、衝撃を吸収したり、関節をなめらかに動かす働きがあります。股関節の軟骨が何らかの原因で摩耗すると、痛みのために歩きにくくなります。これを変形性股関節症と言います。初期は立ち上がり動作や長時間歩行した場合のみの痛みのこともありますが、病状が進行すると安静時や就寝時にも痛みを感じることがあります。大腿部や膝、腰に痛みを感じることもあります。高齢の方では、短期間で急速に関節破壊が進行する急速破壊型股関節症という疾患もあります。





変形性股関節症のレントゲン変化




症状

  • 股関節痛
  • 膝痛
  • 腰痛
  • そ径部痛(股関節の前の痛み)
  • 臀部痛(お尻の痛み)
  • 大腿部痛(太ももの痛み)

原因

臼蓋形成不全(先天性股関節脱臼、発育性股関節脱臼)、大腿骨頭壊死症、ペルテス病、大腿骨頭軟骨下脆弱性骨折、骨盤骨折、外傷性股関節脱臼

検査・診断

レントゲン、CT、MRI検査

治療

保存療法

痛みがあまり強くなく、日常生活動作に制限を生じていない場合には、まずは保存療法を行います。抗炎症薬の使用、運動療法、関節内注射などがあります。

手術療法

人工股関節全置換術(THA、THR)
保存療法が無効で、関節の変形が大きい場合には人工股関節全置換術の適応となります。
人工股関節置換術は、傷んだ骨を取り除いて、金属やセラミック、樹脂の部品でできた人工関節(インプラント)に置き換える手術です。骨盤側は骨を削って受け皿となる半球状の部品を設置し、大腿骨側は骨頭を取り除いてからステムと呼ばれる土台の部品を設置し骨頭の代わりとなるボールを取り付けます。
当院では、筋肉を切離せずに行う前方アプローチ(DAA)を主に採用しており、キズが比較的小さく、術後早期の回復が早く、痛みが比較的少ないこと、動作制限がほとんどないことが利点です。
インプラントの固定には、セメントを使用する方法とセメントを使用しない方法(セメントレス)の2種類があります。当院ではセメントによる固定方法を改良したIBBC法を主に採用しており、インプラントのゆるみが少なく、長期成績が良好であることを特徴としています。

骨切り手術

若年者で骨の変形が少ない場合は骨盤、大腿骨の骨切り術が選択肢となることがあります。

電話でのお問い合わせ

代表 06-6568-1601

専用フォームでのお問合せ

お問い合せ
矢印TOP