平成27年度 医療法人 寿会 富永病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 5 56 127 222 524 779 1355 1584 676 69
当院の入院患者さんは、高齢化の影響により60歳以上の占める割合が全体の68%を占めています。比較的若い世代である40歳代以下は17%です。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010060x099030x 脳梗塞(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等23あり 副傷病なし 286 23.83 18.08 11.19 69.23
010230xx99x00x てんかん 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 155 8.39 7.03 7.10 55.32
010030xx03x00x 未破裂脳動脈瘤 脳血管内手術 手術・処置等2なし 副傷病なし 151 8.04 10.08 0.00 62.32
当科の疾患別患者数上位は、脳梗塞、てんかん、未破裂脳動脈瘤となっております。脳梗塞は発症3日以内の症例がほとんどで、発症後4時間30分以内の超急性期脳梗塞に対してはt-PA療法の選択も行っております。てんかんは、脳の異常な興奮により、意識障害やけいれん発作などが起こる病気で、抗けいれん薬を用いて薬物療法を行います。
脳血管内手術は、麻酔下にて大腿部にカテーテルという細い管を挿入します。カテーテルを内頸動脈或いは椎骨動脈に誘導します。その管の中をマイクロカテーテルという更に細い管を通して動脈瘤の中へ送り込みます。マイクロカテーテルのなかにコイルを入れて動脈瘤の中で糸を巻くように丸めて動脈瘤の中を充填します。
形成外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
180040xx97x0xx 手術・処置等の合併症 その他の手術あり 手術・処置等2なし 26 16.31 16.51 3.85 56.81
160200xx0200xx 顔面損傷(口腔、咽頭損傷を含む。) 鼻骨骨折整復固定術等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 8 8.75 5.86 0.00 41.63
030390xx971xxx 顔面神経障害 手術あり 手術・処置等1あり 7 10.29 11.94 0.00 57.29
当科の疾患別患者数上位は、術後の炎症等への手術、鼻骨骨折に対する手術、顔面神経障害となっております。
術後感染例に対しては、基本的には、まずデブリードマンをおこなった後に、二期的 (約2か月後) に頭蓋骨形成術をおこないます。人工骨は、長期経過観察に基づいた選択をおこなっており、自家骨、ハイドロキシアパタイト、チタンなどを症例に応じて選択しています。  
顔面神経障害の手術は、フロリダ大学脳神経外科のNeuro-Microanatomy Lab (Director: Albert L. Rhoton, Jr, MD) での研究(2003~2004)に基づいた神経移行術を中心とした手術をおこなっています。
循環器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等11あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 215 2.99 2.99 3.07 68.22
050050xx0200xx 狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 手術・処置等1なし、1,2あり 手術・処置等2なし 146 4.35 4.35 4.87 69.12
050070xx01x0xx 頻脈性不整脈 経皮的カテーテル心筋焼灼術 手術・処置等2なし 42 5.79 5.79 5.68 65.12
当科の疾患別患者数上位は、虚血性心疾患に対する心臓カテーテル検査等です。次に虚血性心疾患に対する手術、頻脈性不整脈に対する手術となっております。当科では心臓を栄養する血管(冠動脈)が狭くなったり(狭心症)、詰まったり(心筋梗塞)する冠動脈疾患でのご入院が多くを占めています。最新の心臓CT機器を最大限に活かした心疾患診断を行なう事で早期発見かつ正確な診断を可能としています。
特に狭くなった冠動脈を拡張する為、ステント留置治療を積極的に行ない、狭くなった血管が無いか調べる為血管造影(心臓カテーテル検査)を用いた検査入院も多く行なっています。
次に多いのが血液を送り出す機能がうまく働いていない状態になってしまう心不全での入院です。病態や発症からの時間経過によって症状が違う為、それぞれ患者さまにあった治療を行なっています。
神経内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010060x099030x 脳梗塞(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等23あり 副傷病なし 76 22.89 18.08 13.16 70.24
010240xxxxxxxx 片頭痛、頭痛症候群(その他) 64 12.44 5.64 1.56 39.69
010160xx99x10x パーキンソン病 手術なし 手術・処置等2あり 副傷病なし 36 26.13 21.49 11.11 69.31
当科の疾患別患者数上位は、脳梗塞、片頭痛、パーキンソン病となっております。
脳血管障害は、脳出血、脳梗塞、クモ膜下出血など脳の血管の病気の診断と治療を脳神経外科と連携して行います。
慢性頭痛(一次性頭痛)は、片頭痛、緊張型頭痛、群発頭痛は、脳MRIなどでは異常がみられないのに、つらい頭痛を繰り返す病気です。治療法が進歩して、トリプタンや予防治療薬で治療できます。
パ-キンソン病と類縁疾患は、手や足のふるえ(振戦)、動作が鈍い(動作緩慢)、体がこわばる(筋強剛)、体のバランスが悪い(姿勢反射障害)が4大症状です。中年以降に発症して徐々に症状が進行します。レボドパ(L-DOPA)やドパミン作動薬などのお薬で治療します。また、パーキンソン病に似た病気で、レビー小体病、線条体黒質変性症、進行性核上性麻痺、皮質基底核変性症といった病気もあります。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
07040xxx01xx0x 股関節骨頭壊死、股関節症(変形性を含む。) 人工関節再置換術等 副傷病なし 205 24.49 24.95 1.46 62.37
07040xxx97xxxx 股関節骨頭壊死、股関節症(変形性を含む。) その他の手術あり 170 5.11 9.22 0.59 62.87
070230xx01xxxx 膝関節症(変形性を含む。) 人工関節再置換術等 45 29.33 27.21 0.00 72.27
当科の疾患別患者数上位は、股関節症に対する人工関節手術、膝関節症に対する人工関節手術となっております。
股関節疾患(変形性股関節症、関節リウマチ、大腿骨頭壊死など)、膝関節疾患(変形性膝関節症、関節リウマチなど)、そのほか診断に難渋する股関節・膝関節疾患の精査など行っています。運動器全般にわたる疾患、機能障害を対象とし、特に下肢人工関節置換術を専門的に行っています。
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040080x097x1xx 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(15歳以上) 手術あり 手術・処置等2あり 1 24.00 50.10 0.00 89.00
060020xx97x0xx 胃の悪性腫瘍 その他の手術あり 手術・処置等2なし 1 8.00 17.04 100.00 69.00
060130xx02000x 食道、胃、十二指腸、他腸の炎症(その他良性疾患) 内視鏡的消化管止血術等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 1 5.00 9.51 100.00 64.00
当科の疾患別患者数上位は、肺炎、胃の手術となっております。脳神経外科、循環器科・心臓血管外科、整形外科を中心に、手術や検査を目的として入院療養される患者さんの中には糖尿病などの基礎疾患を持った方々が少なくありません。当科は、主治医と協力してこれら基礎疾患の管理を担当し、入院療養に支障をきたさないようにすることを主な職務としております。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 0 0 0 0 2 0 1 7
大腸癌 0 0 0 0 0 0 1
乳癌 0 0 0 0 0 0 1
肺癌 0 0 0 1 0 0 1 7
肝癌 0 0 0 0 0 0 1
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
5大がんと呼ばれる胃がん、大腸がん、乳がん、肺がん、肝がんの患者さんの数を、初発の UICC 病期分類別、および再発に分けて集計しています。
当院での症例は少ないです。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
重症度 0 0 0.00 0.00
重症度 1 6 12.50 76.67
重症度 2 2 10.50 73.00
重症度 3 1 23.00 75.00
重症度 4 3 53.67 75.67
重症度 5 0 0.00 0.00
不明 0 0.00 0.00
成人市中肺炎とは普段の生活の中で成人が罹患した肺炎のことです。
患者数が最も多いのは重症度1(軽症)の患者さんとなっております。
全体の平均年齢は70歳代の高齢者が多く、重症度が高いほど平均在院日数も長くなっています。
脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 3日以内 62 5.61 67.45 1.47
その他 6 8.83 58.33 1.47
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 3日以内 0 0.00 0.00 0.00
その他 0 0.00 0.00 0.00
I63$ 脳梗塞 3日以内 617 28.82 70.18 14.55
その他 36 28.69 70.56 0.61
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 7 11.57 68.29 0.00
その他 102 10.81 71.75 0.00
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 3 3.33 52.33 0.00
その他 18 11.67 61.78 0.00
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> 3日以内 3 173.67 49.00 11.11
その他 6 11.00 31.83 0.00
I679 脳血管疾患,詳細不明 3日以内 0 0.00 0.00 0.00
その他 0 0.00 0.00 0.00
発症3日目以内の急性期脳梗塞の患者さんが全体の約80%を占めています。当院ではそういった緊急性のある疾患に迅速に対応できるよう、24時間365日患者さんを受け入れ、常時CT・MRI・脳血管撮影検査などができる万全の体制を敷いています。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K1771 脳動脈瘤頸部クリッピング(1箇所) 149 3.10 44.98 7.38 61.92
K1781 脳血管内手術(1箇所) 128 1.31 6.91 0.78 61.85
K1692 頭蓋内腫瘍摘出術(その他) 123 5.19 26.75 17.07 60.03
当科での手術件数上位は、脳動脈瘤に対するクリッピング術、脳動脈瘤に対する脳血管内手術、脳腫瘍への手術となっております。
脳神経外科で最も多い手術は、脳動脈瘤に対するクリッピング術です。次に脳血管内手術、脳腫瘍への手術の順となっております。
脳動脈瘤に対する治療法は、① 開頭手術を行ってクリッピング(チタン製のクリップを用いて)を行う。② 開頭手術を行わずに、股の動脈から脳の動脈内に通してきたコイルを瘤内につめて、瘤を塞いでしまう。③ 瘤が大きいなどで、①も②もうまくゆかない場合は、バイパスの手術が行われます。(瘤のできている動脈にバイパスをつけて動脈をしばり、瘤に血液がゆかないようにする)
①、②、③の3方法の中、どれを選択するか。
一般に、できるだけ患者さんの心身の負担の軽い②が第1選択。①が第2選択となります。

脳腫瘍は一般に増大し、種々の神経障害を起しますので摘出が必要です。グリオーマのような浸潤性の腫瘍では全摘出が困難な場合もありますが、部分摘出にて脳の圧迫をへらすことと組織診断をして今後の治療方法を立てることも重要な目的です。腫瘍の大きさや出血量により二期的に手術をすることがあります。
形成外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K1801 頭蓋骨形成手術(頭蓋骨のみ) 8 1.75 10.50 0.00 58.00
K1822 神経縫合術(その他) 8 1.13 7.00 0.00 47.88
K1641 頭蓋内血腫除去術(開頭)(硬膜外) 7 2.00 13.86 0.00 47.71
当科での手術件数上位は、頭蓋骨の形成手術、神経縫合の手術、頭蓋内血腫の手術となっております。頭蓋骨の形成手術の人工骨は、長期経過観察に基づいた選択をおこなっており、自家骨、ハイドロキシアパタイト、チタンなどを症例に応じて選択しています。
循環器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 151 1.81 2.50 0.66 69.56
K5951 経皮的カテーテル心筋焼灼術(心房中隔穿刺、心外膜アプローチ) 43 1.98 3.07 0.00 65.77
K5491 経皮的冠動脈ステント留置術(急性心筋梗塞) 26 0.00 11.85 0.00 61.35
当科での手術件数上位は、虚血性心疾患(狭心症・心筋梗塞)に対する経皮的冠動脈ステント留置術、頻脈性不整脈に対するカテーテルを用いたアブレーション(経カテーテル心筋焼灼術)手術となっております。
冠動脈にせまい場所があった場合には、必要に応じてそのせまい場所をバルーン(風船)で広げ、ステントという金属性のバネ・コイルでせまい場所を押し広げて、そのまま留置しておくという経皮的冠動脈形成術(冠動脈カテーテルインターベンション:PCIといいます)を行うことができます。
不整脈治療にも力を入れており、特に頻脈性不整脈に対するカテーテルを用いたアブレーション(経カテーテル心筋焼灼術)手術の件数が多くなりました。アブレーション手術とは、過剰な伝導路(心筋を動かす電気の通り道)や不整脈の焦点を焼いてしまう治療です。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0821 人工関節置換術(肩)等 264 2.31 23.06 1.14 64.32
K9203イ(1) 自己血貯血(6歳以上)(液状保存) 238 0.02 3.82 0.84 64.42
K082-31 人工関節再置換術(肩)等 13 3.92 42.08 7.69 70.85
当科での手術件数上位は、股関節に対する人工関節置換術、股関節に対する人工関節再置換術となっております。成人股関節に対する人工股関節置換術を主に行っています。人工股関節置換術の手術件数では全国でも最も多く、毎月30例以上行っています。関節面には低磨耗素材(クロスリンクポリエチレンとセラミック)を有する長期耐久性が期待できる人工関節を使用しています。再置換術においては院内で保存した同種骨を骨欠損部に移植し、IBBC法を用いて良好な成績をおさめています。また自家保存血を用いてほとんどの手術で同種血輸血は不要となっています。
内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K654 内視鏡的消化管止血術 2 0.00 5.50 100.00 66.50
内科で最も多い手術は、内視鏡的消化管止血術です。
経過中に更なる高度医療を要すると判断した場合には、主治医と相談の上で患者さんの病態に最も適していると思われる医療機関へ紹介させていただきます。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 0 0.00
異なる 2 0.04
180010 敗血症 同一 4 0.07
異なる 3 0.06
180035 その他の真菌感染症 同一 0 0.00
異なる 0 0.00
180040 手術・処置等の合併症 同一 108 2.00
異なる 0 0.00
当院は、手術や処置などを行う際には合併症を起こさないように細心の注意を払い施行しています。起こり得る合併症については、事前に可能な限り患者さんに説明した上で、手術や処置の施行に同意をいただくよう努めています。
更新履歴
2016/9/20
27年度 病院公表情報を更新